大阪のピラティス教室おすすめ人気ランキング10選

比較して選ぶ

ピラティスは体型維持や健康増進に役立ち、運動が苦手な方でも無理なく体を鍛えられると、女性を中心に人気のエクササイズです。しかし大阪府内にはさまざまなピラティス専用スタジオからヨガスタジオに併設されたスタジオなどまであり、どういったスタジオを選べばよいのか迷ってしまいます。
そこでピラティスを始められたい方、もうすでに始めているけれど他のスタジオにも行ってみたいという方にも分かりやすく、大阪府内にあるおすすめの人気教室をランキング形式でご紹介いたします。
完全プライベートのスタジオ、女性専用スタジオ、男性の方もお受けいただけるスタジオなどもランクインしています。
ご自身の目的に合った教室を見つけて、ぜひチャレンジしてみてはいかがですか。

目次

ピラティススタジオの選び方
大阪府内のピラティススタジオおすすめ人気ランキング10選
人気大阪府内のピラティススタジオの比較一覧表
毎日の生活に取り入れましょう
まとめ

ピラティススタジオの選び方

 
まずはピラティス教室の選び方からご紹介いたします。ご自身のお身体の悩みや、通いたいと思ったきっかけを振り返りながら、どのようなスタジオが良いかイメージして選んでみるとよいでしょう。
 

ご自身にあったレッスンスタイルを選ぶ

グループレッスン or プライベートレッスン?

《グループレッスン》
一般的なピラティススタジオに多いスタイルはグループクラスです。
数名から8~10名程度の受講者に対し、インストラクターが指導する形式です。
グループレッスンの良い点は、気軽にレッスンに参加できるところ。「まずは教室の雰囲気を知りたい」「ピラティスが自分に合っているかどうか知りたい」という方は、グループレッスンに参加してみるのもよいでしょう。
同じ目的で来られている方たちと一緒になって、身体を動かすので、少々きつく感じても最後まで頑張れるのが魅力です。

 
《プライベートレッスン》
皆と一緒に動くグループレッスンについていくのが不安な方、怪我をしているなど動かせる範囲に制約がある方や、じっくりと自分の身体に向き合いたい方、もっと丁寧に教えてほしい方、さらにはスポーツ競技のパフォーマンスを上げたいという方にはプライベートレッスンがお勧めです。
マンツーマン形式なので自分のペースで進められるうえに、今まで気づかなかった課題を多く発見できたりする機会にもなるので、いつもはグループレッスンを受けているけど、たまにチェックもしたいという方にも良いでしょう

レッスンの種類で選ぶ

マットピラティス or マシンピラティス?

ピラティスにはマットの上で行われるレッスンと、専用のマシンを使ったレッスンの2種類があります。
あらかじめ理解しておくと、レッスンに行った時にコースについての相談がしやすくなりますよ。

《自重を使ってトレーニングするマットピラティス》
一般的なピラティススタジオに多いスタイルはグループクラスです。
ピラティスは呼吸に集中しながらインナーマッスルを鍛え、美しい姿勢と健康な身体・精神を整えていくエクササイズです。
マットピラティスは自重(自身の体重)を利用してこの動きを行います。無理のない範囲で動くことができますが、初心者の方でも行え、インストラクターのレベルが高ければ、アスリートの方までこのマットピラティスで効果的な運動を行うことが出来ます。
またポージングを覚えれば、自宅でも気軽にエクササイズできるのも嬉しいところです。

《部位に分かりやすくアプローチできるマシンピラティス》
一定方向に負荷をかけたり、動きをサポートしたりする専用のマシンを使ったものがマシンピラティスです。マットピラティスでは自身の体重を負荷としてエクササイズを行いますが、また高負荷をかけたい方は、マシンピラティスを選ぶというチョイスもあります。
普段はマットピラティスをメインに行い、定期的にマシンピラティスを取り入れるという方もいらっしゃいます。ご自身の体の様子をマシンによるサポートで観察することがしやすい上、改善したい部位に効率的にアプローチすることができます。

インストラクターの経歴や資格にも注目

《インストラクターの経歴》
エクササイズを効率的に行うにあたってやはり注目したいのが、インストラクターの質です。インストラクターといっても資格さえ取ってしまえば誰にでもできてしまうというという点があります。それによってレッスン内容がトレーナーの経歴や資格によって大きく変わってくるのです。
トレーナーの資格や経歴については、スタジオのホームぺージに概要が記載されているため、事前に必ずチェックしましょう。自身に合ったレッスンが提供できるかどうかも参考になります。
ピラティスのトレーナーに特徴的なのは、スポーツトレーナーをはじめ、ダンサーやバレエを経験者している方も多くいること。
スポーツやダンスのコンディショニングとしてピラティスを取り入れたいという方は特に、スポーツに精通したインストラクターが在籍している教室を選ぶのがおすすめです。

《インストラクターの保有資格》
また、ピラティスの資格は流派が複数存在します。「basi(バシ)ピラティス」は「流れ」をコンセプトとした流派で、動きに合わせて呼吸を行うことを大切にしています。一方、「Stott Pilates(ストット・ピラティス)」は筋肉を大きくしすぎるような動きはせず、個人に合ったトレーニングを行うのが特徴。そして私が一番押しているのが、「PHI ピラティス(ピーエイチアイ ピラティス)」で、日本でも有名なトップアスリートたちをサポートしているスポーツトレーナーとしても活躍するトレーナーさんたちがこの資格を強く推し薦めており、非常に高度な解剖学的な視点での教育を受けています。
インストラクターの資格や経歴なども見て、目的に合った教室を選びましょう。

OUR TEAM

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Praesent tincidunt aliquam libero, porttitor ultricies dolor fringilla ut. Integer non porttitor sem. Vivamus venenatis, dui ac semper pellentesque, erat ex fringilla justo, sit amet viverra odio arcu nec justo. Nullam sit amet posuere magna.

OUR BELIEF

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Praesent tincidunt aliquam libero, porttitor ultricies dolor fringilla ut. Integer non porttitor sem. Vivamus venenatis, dui ac semper pellentesque, erat ex fringilla justo, sit amet viverra odio arcu nec justo. Nullam sit amet posuere magna.